メッセージ

エンジニアとしての私自身
の長年のキャリアに基づいた
知識や技術を惜しみなく注ぎ、
若手を大切に育てたいと考えています。

 東海スプリング製作所は「スプリング」の専門メーカーとして、デンソーをはじめとするトヨタグループの部品メーカーなど多くの産業分野のメーカーから厚い信頼を得ています。
 当社で製造しているのは、数ミリから手のひらに乗るくらいの小さな「スプリング」です。とても小さな部品ですが、自動車や家電製品、通信機器、ガス機器などにおいて、とても重要な役割を果たしています。例えば、自動車ではエンジンやブレーキの制御に関わる機能部品にも利用されています。

 「スプリング」は、ただ形を成型するだけではなく、「元の形に戻る」という重要な性質があります。「スプリング」が製品の中でその機能をきちんと発揮するために、開発・設計はもちろん、品質保証や生産技術、生産設備などモノづくりのさまざまな分野で高水準が求められます。

 当社では、独自製法の開発や工夫など生産技術の強化に力を入れて、他社に抜きんでた製品づくりに取り組んでいます。
 創業より積み重ね、継承してきた技術力と、新しいものを生み出していく発想力を支えている職場環境は当社の自慢のひとつです。幹部社員による若手の直接指導に力を入れており、社長である私も技術者出身なので、技術職の社員を対象に、長年の経験で培ってきたノウハウや考え方、仕事の取り組み方などを講義する機会を持っています。今後は、さらにこうした機会を増やし、技術力の底上げを図りたいと考えています。
 また、工場が事務所に隣接しているため、現場の声が届きやすく、業務の改善や技術の習得・蓄積が可能となっています。

 現場と事務、先輩と後輩といった垣根を超えて互いに情報を共有し、高めていくことで付加価値の高い製品や製法の提案ができる人材を育てていきたいと考えています。
 これから入社する皆さんは、当社の未来を担う重要な戦力です。
 皆さんに望むことは、あらゆる事柄に対して「あれ?」「なぜだろう?」と敏感に“気付く”感性を身に付けてほしいということです。“気付き”は成長のための第一歩だと思っています。そして、その“気付き”から導かれる仮説を検証してください。その姿勢を常に忘れず仕事に取り組み、積極的に学ぶことで一歩一歩着実に成長していくことができます。
 私をはじめ、経験豊富な先輩社員も“気付き”を促す雰囲気をつくり、皆さんがのびのびと成長していけるようサポートしていきます。

 当社は攻めの生産体制をつくり、より高い水準のモノづくり企業になることを目指しています。さらに、グループ企業と連携した製品開発を積極的に進め、事業領域を拡大することにも注力していく予定です。皆さんが私たちとともに、当社の原動力として輝き、活躍する未来に期待しています。

代表取締役社長西 保幸

PAGE TOP